K.N

2019年 新卒入社

Lead , Idea, Innovation.

リード
でイノベーションを起こす

コンサルタントとして率先してクライアントを引っ張っていき、経営課題の改善にコミットする。振り返れば学生時代からチームをリードして、皆が喜ぶ結果を出すことに力を注いできました。僕は「Lead」でイノベーションを起こします。

新卒入社1年目、コンサルタントとして
クライアントの経営課題改善に日々奮闘

スタイル・エッジグループへの入社理由は?

大学時代はシネマ研究会のリーダーとして企画や集客、広報など様々な取り組みを行い、サークルの活性化に力を発揮していました。ですので、就職活動の会社選びの軸としても、リーダーシップを発揮してチームを引っ張ってき、そしてメンバーを支えるような仕事をしていきたいと考えていました。

スタイル・エッジグループとの出会いは就活イベントでした。クライアントの業務コンサルティングや、組織のマネジメント・教育を行い、経営課題の改善を図っていくという業務内容を知り、コンサルタントとして、弁護士事務所を引っ張っていく姿が、大学時代のサークルのリーダー役割と重なるところがあると感じ、「これだ」と思いました。

既に何社も選考を重ねていた段階でしたが、最終的な入社の決め手となったのは、業務内容自体も大きいですが、なんと言っても「人」です。人事の方々の話し方や立ち居振る舞い、そして、どっしりと構えた存在感、どれも他社の方々とはまったく違っていて、素直に「カッコイイな」と思いましたね。

選考の段階で、出会った社員の方々は、皆さん仕事にやりがいを感じていて、若くして責任のある立場を任されている方が多く、まだ若いのに既にこんなに仕事ができるんだ、と素直に驚きました。自分もこの先輩のようになりたいし、きっとなれる、という将来像が見えたことが入社を後押ししてくれました。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

新卒入社1年目ですが、クライアントである弁護士事務所に常駐する形で、経営課題の改善のために日々奮闘しています。弁護士事務所は悩みを抱える相談者がお客様になるのですが、ファーストコンタクトの段階がとても大事です。

その時のオペレーションやコミュニケーションスキルによって、「この事務所に依頼したい」と思ってもらえるか否か、つまり正式な依頼につながるかどうかが左右されます。
それを実現するために、自ら率先して行動で示し、コンサルタントとしてクライアントを引っ張っていかなければなりません。

そして、相談者の方が解決の糸口をつかむことができ、無事に弁護士事務所の先生におつなぎできたとき、「ありがとう」と感謝をいただく。この「ありがとう」の数を増やしていけるようにクライアントをリードし、最終的にクライアントの抱える経営課題の改善がかたちとして見えてきたとき、クライアントからも「ありがとう」と感謝をいただく、ここに大きな喜びを感じます。

スタイル・エッジグループの魅力とは?

入社の決め手と同じになりますが、やはり「人」だと僕は感じています。一緒に働いている先輩方の愛情がとても深いんですね。僕はそんなに器用な性格ではないので、疑問に感じたり、おかしいと思うことがあれば、我慢したりせずに割とストレートに上司に物申すタイプなんです。

そんな時、直接の上司だけでなく、皆さんそうなのですが、イヤな顔ひとつせずに真正面から向かってきてくれるんです。僕にとっての優しさというのは、真っすぐに対してちゃんと真っすぐで応えてくれる、ということなんです。

オブラートに包んだ表現でお茶を濁したりせずに、「よし、わかった。じゃあ話そう」といった感じで、まっすぐちゃんと誠実に受け止めてくれる。そして、僕の主張に誤りがあれば諭して、正してくれるわけです。

今の時代には少し珍しいかも知れないですが、適当に受け流さずに熱い気持ちでじっくりと時間をかけて話し合ってくれます。自分のことを想ってくれている、というのが伝わってきて、僕も素直に納得できるんです。

クライアントが弁護士事務所だからこそ、コミュニケーションのとり方が上手い人や、人間力が高い人がとても多い気がします。クライアントから求められる結果に、時にはプレッシャーも感じますが、私も業務に限らず、人間的にも成長し、早く組織の中核を担うようなメンバーになりたいと思っています。

とある1日のスケジュール

  • 12:00

    出勤

    社内コミュニケーションツールやメールを確認。
    1日のタスクをまとめる。

  • 13:00

    集計業務

    各クライアント先の案件数データを集計。
    1ヶ月の動きや、案件対応の対策を練る。

  • 14:00

    チームミーティング

    チーム内の進捗共有や、案件対応のすり合わせ。

  • 15:00

    新規対応

    相談者からヒアリングを行い、弁護士と今後の方針を検討していく。

  • 17:00

    1on1ミーティング

    直属の上司と月一ミーティング
    中長期的な目標設定と進捗の確認を行い、
    自分の今後の課題やこれまでの振り返りをする。

  • 18:00

    クライアント事務所内ミーティング

    事務所内のミーティングにて全体の動きのすり合わせ。

  • 20:00

    案件対応

    過去の相談者に対し、フォロー連絡を行い、今後の動きの確認を行う。

  • 21:00

    退勤

    1日の対応状況まとめて、日報を書いて終了。
    明日以降の業務につなげる。
    同期と食事に行くこともしばしば。